滋賀県エアロビック連盟概要

エアロビックとは

エアロビクスが「スポーツ」発展したものです。

エアロビックは、アメリカのケネス・H・クーパー博士が提唱した運動処方理論「エアロビクス」を起源として、その後に派生したエアロビックダンスやエクサ サイズを技術的に体系化して「スポーツ」に発展したものです。
近年では体操競技と同様に表現スポーツや採点スポーツに位置づけられています。 1982年、アメリカの『ランナーズ・ワールド誌』の発行人ロバート・アンダーソン氏がフィットネスのエアロビクスとは一線を画した競技を創案し、カリ フォルニア州マウント・ビューで初の競技会を開催しました。
2年後の1984年には日本でも「第1回全日本フィットエアロビクス・チャンピオンシップ」 (現在のスズキジャパンカップ)が開催されるなど世界中に広がっていきました。
現在では、世界80ヶ国で行われているといわれ、スズキワールドカップ世界エアロビック選手権大会をはじめ、国際体操連盟(FIG)のワールドチャンピオ ンシップ、ユニバーシアード競技大会などの国際大会も開催されるなど、オリンピック種目を目指すまでになっています。
一方、音楽のビートにのって「いつでも」「どこでも」「誰にでも」できる身近さから、健康スポーツとしての価値も高まっています。  
※公益社団法人日本エアロビック連盟HPより

滋賀県エアロビック連盟

◇滋賀県エアロビック連盟(94年11月19日設立)

役職名 氏名 備考
会長兼理事長 井上 武弥 エルスポーツ株式会社 ゼネラルマネージャー
常任理事 木村 順子 滋賀短期大学付属高校 教諭
公認エアロビック指導員・指導専門委員
常任理事 今堀 裕子 エアロビッククラブ&チーム ADVANCE4 代表
JAF認定認定指導専門委員
JAF認定テクニカルアドバイザー
理事 山岡 雅子 公認エアロビック指導員
理事 合田 典宏 (株)いずみ21 堅田イトマンスポーツクラブ 所長
理事 村上 靖 ビバスポーツアカデミー瀬田 &南草津
理事 松本 三智江 B級審判員
JAF認定テクニカルアドバイザー
理事 坂尾 こみな 柔道整復師
ベビーダンスインストラクター
監事 成田 直美 公認エアロビック指導員・指導専門委員
顧問 長谷川 芳一 水泳マスター上級教師
顧問 大岡 敏孝 衆議院議員
ページのトップへ戻る